スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浸透価格戦略?

「高度を目指す一日一題宿題メールマガジン」より
------------------------------------------------------------------------

 事業戦略のうち,浸透価格戦略に該当するものはどれか。

 ア 売上高をできるだけ維持しながら,製品や事業に掛けるコストを徐々に引き
  下げていくことによって,短期的なキャッシュフローの増大を図る。

 イ 事業を分社化し,その会社を売却することによって,投下資金の回収を図る。

 ウ 新規事業に進出することによって,企業を成長させ,利益の増大を図る。

 エ 低価格戦略と積極的なプロモーションによって,新製品のマーケットシェア
  の増大を図る。

------------------------------------------------------------------------

浸透価格戦略

浸透価格戦略とは浸透価格を採用した価格戦略のことをいう。低価格が市場規模の拡大や市場シェアの確保を導き、長期的な費用の低下と利益の増加をもたらすことになるという考えが背景にある。(コトバンク:ブランド用語集より)


う〜ん、なんかイマイチ伝わりにくいですね。

ペネトレーションプライス(penetration price)を取る価格戦略を、「ペネトレーションプライシング(penetration pricing:ペネトレーション価格戦略)」といいます。英語でペネトレーションとは、「浸透すること」です。導入期から一気に市場への早期普及(浸透)を図り、成長カーブに乗せることを目的とする価格設定のことです。

中長期的なコストの低下にともなって収益を確保するため、規模の経済性や経験曲線普及にともないコストの低下が起こることが前提となります。

参入当初は投資過多になりやすいので、大手企業がとりやすい戦略です。


株式会社シナプス:マーケティング用語集より引用(引用元は、こちらです。)


私には、こちらの方が分かりやすい感じがしました。マーケティング用語なのですね。




情報処理技術者試験だからと言って、技術の知識だけが問われる訳ではありません。
広く浅くでも、事業戦略のことなど一見、IT技術と関係ないように見えることにも触れ
ておく必要があります。

特に応用情報は範囲が広いので、過去問を使って勉強するしかないですよね〜(´・ω・`)ショボーン



にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 日々の勉強 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。