スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピュータウイルスを作成すると

「高度を目指す一日一題宿題メールマガジン」より
------------------------------------------------------------------------

 コンピュータウイルスを作成する行為を処罰の対象とする法律はどれか。

 ア 刑法

 イ 不正アクセス禁止法

 ウ 不正競争防止法

 エ プロバイダ責任制限法

------------------------------------------------------------------------

コンピュータウイルス 【 computer virus 】

コンピュータウイルスとは、コンピュータの正常な利用を妨げる有害なコンピュータプログラム(ソフトウェア)の一種で、他のプログラムの一部として自らを複製し、そのプログラムが起動されると便乗して悪質な処理を実行に移すもの。

生物の体に潜り込んで害を成す微生物のウイルスに似ていることからこのように呼ばれ、コンピュータ関連の文脈であることが明らかな場合は単に「ウイルス」と呼ばれることも多い。広義には不正・有害なソフトウェアの総称として用いられることがあるが、本来これは「マルウェア」(malware)と呼ぶべきであるとされる。

コンピュータウイルスは自ら単体のプログラムとして起動する能力はなく、「宿主」となる他の(正常な)プログラムの一部として自らを「感染」させ、その動作を改変して起動時に自らを実行するよう仕向ける。感染したプログラムが起動されると様々な不正・有害な処理を行うほか、他のプログラムへ自らを複製して次々に増殖していく。コンピュータウイルスに感染したプログラムが持ち運び可能な記憶媒体やインターネットなどの通信ネットワークを通じて他のコンピュータで起動されることにより、別のコンピュータへ次々に感染が広まっていくこともある。(e-Words より引用)


ウイルス対策といえば、IPAに「ウイルス対策スクール」という読み物があります
ので、それを参考にされるのが宜しいかと思われます。



正当な理由もないのにウイルスを作ると法律で罰せられますが、こ
の法律の中で使われている名称が「不正指令電磁的記録に関
する罪
」。一般には耳慣れない言葉ですよね。


これについては、警視庁のサイトにポイントを分かりやすく書かれていますの
で参考にされると良いですよ。あと、法務省でもこれに関する文書が出てい
ます。文書を全部読む必要はないかもしれませんが、興味のある方は目を通
されてみては如何でしょうか。



にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日々の勉強 - ジャンル : 日記

コメント

No title

こんばんわ^^はじめまして^^ コメント失礼します。

色々な法律や罪があって、どれがどれなのか解らないですよね^^

私なんかはコンピューターウィルスを作る事なんて一生無理なので、考えもしませんでしたが、実際に作る人がいるので相応の法律が必要なんですよね。


Re: No title

ピースサインさん、はじめまして。ねこママです。

私もウイルスを作ろうなんて思いませんが、世の中には実際に作っちゃう人がいるので仕方がないのでしょうね。しかも、最近は標的型攻撃が多い傾向にあるそうですし。

昔のパソコン通信時代には、ここまで広くウイルスが話題になることもなかったんですよ。でも、今や誰でもインターネットを利用する時代ですから、その分被害に遭う人も多くなってきたのでしょうね。だから法律も現実に沿って作られてきたのだと思います。

残念なことですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。