スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WPA2-PSK 、見慣れないと謎に見えるネ

「高度を目指す一日一題宿題メールマガジン」より
------------------------------------------------------------------------

 無線 LAN 環境における WPA2-PSK の機能はどれか。

 ア アクセスポイントに設定されている SSID を共通鍵とし,通信を暗号化す
  る。

 イ アクセスポイントに設定されているのと同じ SSID とパスワード
  (Pre-Shared Key) が設定されている端末だけを接続させる。

 ウ アクセスポイントは,IEEE 802.11ac に準拠している端末だけに接続を許可
  する。

 エ アクセスポイントは,利用者ごとに付与されたSSIDを確認し,無線 LAN へ
  のアクセス権限を識別する。

------------------------------------------------------------------------

WPA2-PSK 【 Wi-Fi Protected Access 2 Pre-Shared Key 】
WPA2-PSKとは、無線LAN(Wi-Fi)の暗号化を行うWPA/WPA2のパーソナルモード(WPA/WPA2 Personal)で、アクセスポイントと端末で通信前に共有しておく暗号鍵のこと。また、パーソナルモード自体のことをこのように呼ぶ場合がある。通常はユーザが8~63文字のパスフレーズを決めて、それぞれの機器に手動で入力・設定する。(e-wordsより引用)


WPA2-PSKって規格名っていうのは分かるんだけど、これだけを見た場合
すぐ分かる人ってどれだけいるのでしょう?(まあ、スマフォのWi-Fi設定を
よく見れば表示されてるのくらいは知ってますが)

参考:以下のサイトでも解説があります。
無線LANのセキュリティ(パソコン初心者講座)
WPA2-PSK (「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典)



無線LANの場合、電波なんてどこを飛んでるか分かったものじゃないので、
暗号化通信をしなくっちゃですしね。

じゃないと、悪意を持った第三者がメッセージなどのデータを盗み見たり、
データの改竄を行ったりする場合がありますからね。それを防ぐための鍵
の規格がWPA2-PSKです。



にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日々の勉強 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。