スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多角化戦略って何?

「高度を目指す一日一題宿題メールマガジン」より
------------------------------------------------------------------------

 多角化戦略のうち,M & A による垂直統合に該当するものはどれか。

 ア 銀行による保険会社の買収・合併

 イ 自動車メーカによる軽自動車メーカの買収・合併

 ウ 製鉄メーカによる鉄鋼石採掘会社の買収・合併

 エ 電機メーカによる不動産会社の買収・合併

------------------------------------------------------------------------

多角化戦略
企業の成長戦略の一つで,新しい事業分野へ進出すること。既存事業の関連性を基に技術関連多角化,市場関連多角化,非関連多角化に区別される。一般的には,既存経営資源を有効に利用できる分野への多角化が高い成果をもたらすことが多い。事業の多角化によって企業内部の未利用の余剰資源が利用でき,また範囲の経済の利用と,リスク分散を図れるという長所がある。(コトバンク:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 より)


具体的には,(1)企業環境における(存続と成長の)機会,(存続・成長を危うくする)脅威の識別,(2)自己の相対的強み・弱みの自己点検(技術・商品企画・開発・マーケティング等の力を他企業と比較した場合の相対的優位・劣位),前者を伸ばし,後者を改善または廃除する方向の模索,(3)企業環境と企業との望ましい相互作用の場=企業の望ましい行動領域の設定,(4)望ましい行動領域内部の諸事業に対する重点評価とそれに対応した企業資源(人物,金など)の重点的開発と重点配分,といった過程をたどる。

[アメリカにおける多角化戦略]
経営・管理のなかで経営戦略ないし戦略的決定が理論的にも実践的にも重視されるようになったのは1960年代以降であり,とりわけ70年代に入って盛んになった。それには,実践的レベルでは1920年代に始まり,50年代の技術革新を背景にして60年代にアメリカのビッグ・ビジネスの成長手段として一般化した多角化(経営多角化)による成長が,戦略的な意味合いを強くもっていたこと,研究レベルではチャンドラーA.D.ChandlerやアンゾフH.I.Ansoffが多角化を戦略的含意をもって評価したことが,大きな影響を与えている。(コトバンク:世界大百科事典内の多角化戦略より引用)


その他、調べてみたら読みやすく解説されているブログ記事を発見しましたヽ(=´▽`=)ノ
ありがたやありがたや。こちらの記事です。→多角化戦略 : まんがで気軽に経営用語

そのついでに、多角化経営をしている企業の例をまとめてくれている記事も見ました。
勉強になります。



この問題の場合、M&A とか垂直統合を調べれば良いのでしょうが、そもそも
多角化戦略って何するの?というところから、今回は敢えて M&A はスルー
しました。


が、垂直統合の話は私が読んだ記事に出ていたので、芋づる式に関連していることも
知ることが出来ました。ラッキーo(≧ω≦)o



にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日々の勉強 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。