スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BPMって何だった?

「高度を目指す一日一題宿題メールマガジン」より
------------------------------------------------------------------------

 BPM (Business Process Management) の説明として,適切なものはどれか。

 ア 地震,火災,IT 障害及び疫病の流行などのリスクを洗い出し,それが発生
  したときにも業務プロセスが停止しないように,あらかじめ対処方法を考え
  ておくこと

 イ 製品の供給者から消費者までをつなぐ一連の業務プロセスの最適化や効率
  の向上を図り,顧客のニーズに応えるとともにコストの低減などを実現する
  こと

 ウ 組織,職務,業務フロー,管理体制,情報システムなどを抜本的に見直して,
  業務プロセスを再構築すること

 エ 組織の業務プロセスの効率的,効果的な手順を考え,その実行状況を監視
  して問題点を発見,改善するサイクルを継続的に繰り返すこと

------------------------------------------------------------------------

BPM (Business Process Management)
ビジネスプロセス管理(英: Business Process Management, BPM)は、人間、組織、アプリケーション、文書といった知識に関するオペレーション的ビジネスプロセスを設計・制定・制御・分析するための手法・技術・ツールといったマネジメントと情報技術(IT)の交差する分野である[1]。「オペレーション的ビジネスプロセス(Operational Business Process)」とは、組織が日々の業務で繰り返し行うビジネスプロセスであり、組織の責任者が行う戦略的意思決定プロセスとは正反対の概念である。1990年代に人気となったビジネスプロセス・リエンジニアリングと異なるのは、BPM では一回限りの革命的な変化ではなく、継続的なビジネスプロセスの発展を目指しているという点である。BPM は IT による管理技法を伴うことが多い。

BPM の適用範囲は、組織活動の管理対象全体であり、必要に応じてそのビジネスプロセスを改善する。そのような考え方は特に目新しくないが、ビジネスプロセス管理システム(BPMシステム)と呼ばれるソフトウェアツールの登場によって、ビジネスプロセス管理が迅速かつ安価に可能となった。BPMシステムはビジネスプロセスの実行を監視し、経営者が勘ではなくデータに基づいて分析したり変更を加えたりできるようにする。(ウィキペディアより引用)



文章だけの説明も良いのですが、ちょっと図も欲しいですね。・・・と思ったら、
日本ビジネスプロセス・マネジメント協会のサイトに図の入った説明がありま
した。こちらからどうぞ。→BPMとは





昔々、私が初級シスアドの受験を始めた頃のテキストには PLAN→DO→SEE
でプロセスを見るというようなことが書いてあったように記憶しているのですが、
その翌年だったかのテキストから、PLAN→DO→CHECK→ACT に変更になっ
ていてビックリしたことが、かつてありました。

その当時は正直よく飲み込めなかったのですが、気長に勉強している中で何と
なく分かってきたような気がします(;´∀`)



にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 日々の勉強 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。